お客様の声

東京都 Kさん

まず読ませて頂き大変勉強になりました。

食べる楽しさを一緒に感じる事で、よく口から出していたのに食べるようになったし、手掴みで食べれるものを用意すると、自ら進んで食べれるようになってきています。

こんだけしか食べないのか と思っていましたが、今はこんなに食べてくれて嬉しい と思えるようになりました。

それを伝えると、本人もわかるみたいで、おにぎりとか得意顔で、もう一個 頬張ってくれるのでかわいいです。

先生が1汁3菜について、ご飯に混ぜてあげてもいいってことで、大分気が楽になり大人のご飯もやっと作るのが嫌でなくなりました。

自分の中で難しく考え過ぎていたのかもしれません。

他にも、一緒におにぎりとか危なくないものは見せて一緒に作る?というかなんというか…

同じ目線で楽しく準備もするようにしました。

なんか考えたり準備からご飯は始まってるのかなって思いました。

たくさん勉強させて頂いてありがとうございました。
もうじきミルク卒業?になる予定です。

 

千葉県 chocolateeater さん

今月1日に先生のテキストを購入させていただいて、ささやかに食育について学び始め、先生の直接のご指導を受けて、私が子供たちに食事を与える時間がストレスフリーになりました。

そして、子供3人とも、食べる量もものすごく多くなり、長女なんか、「たべすぎるとぽんぽん痛くなっちゃうから、ここで辞めようね」なんて言うほどになってきました。

長女のミルクも、すっかり卒業となり、双子が飲んでいるのを見ても、何も言わなくなりました。

何もかもが、大きく変わりました。先生との出会いに感謝する毎日です。
本当に、ありがとうございました。

一旦メール相談期間が終わるので、お礼まで。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

名古屋市 Eさん

確かに、確かに変化がありました!!

4歳半の娘がいます。

わたしは、必要以上に、娘の食べる量と体重計の数値に執着してしまって、娘のことを追い詰めていました。

少食に加えて、最近では、ごはんになると、「おなかがいたい」と言ったり、ため息をついてうつむいたりすることが多くなり、娘にとって、ごはんを食べることが苦痛になってしまっていることについて、なんとかしなきゃ、との思いでテキストをお願いしました。

まず、わたしの気持ちが楽になりました。

だから、娘が「もういらない」って言ったら、今までみたいにしつこく食べさせるのはやめて、食べることができた分を褒めるように心がけています。

ごはんの盛り付けも、もう少し盛りたい気持ちをぐっとおさえ(笑)、なるべく少なく少なく盛り付けるようにしました。そうしたら!!

ピカピカになったお茶碗を、「これ、洗わなくていいね!」と言って、うれしそうに、誇らしげに、見せてくれる娘の笑顔を見ることができました。

本当に嬉しくて涙が出ました。

時には、おかわり~!!って言ってくれることもあります。

本当に本当にありがとうございます。感謝です。出会えてよかったです。

 

東京都 りんりん さん

相談の点、問題はないとのことでスッキリしました。

言われてみれば、焦る必要なんてないのですよね。

今はむしろ、効率良く食べてくれていてありがたいと思えるようになりました!

やはり、話を聞いていただくと、心が軽くなります(^_^)

ありがとうございます!

テキストの感想ですが…

私自身も小さい頃、偏食で、特に、野菜嫌いが酷かったのですが、このテキストの内容のように対応してもらえてたら、嬉しかったなあなんて、つくづく思います。(笑)

結局、20歳頃には自ら好き嫌いを克服して、今や野菜のおかずだけでも満足できるくらい、何でも大好きになったので結果良しですが…

この自分の経験は、好き嫌いの気持ちがわかるという、プラスの方向にも、自分がそうだったから娘にはさせまいと気負いが出る、マイナスの方向にも行きかねなかったと思うので、テキストを読んだことで、プラスに生かす術が、具体的にわかって良かったです。

娘もこれからも何かしら、いろんな食の好みが出てくるでしょうが、笑顔で対応してあげられる気がします。

それから、読んで即、役立っているのが献立のルール!

わかっているようで、わかっていなかった一汁三菜と、それを崩した考え方が特に、楽に献立を考えられるようになりました。

 

Iさん

以前に、少食で悩みテキストを購入して、目から鱗して親子で、そして子供が特に楽になった(親の食べろ~食べろ~の脅迫!?行為から解放されたから f^_^;)者です。

その後、食べる量も増えて!これまた~親の欲!?が…ちらちら顔を出し…ていました。

blogを読ませて頂き、また改めてテキストを読み直そうと思いました。

あ~テキスト☆あって良かった~(>_<)

ありがとうございます♪

 

埼玉県 楽に生きるよらくらくママ さん

メールで相談したいことが色々ある・・と思い、テキストを購入しましたが、自分の気になる箇所を読んでいくうちに、ココロが軽くなり、お料理に対するココロの中のハードルがぐんっと下がりました。

妊娠中なのもあり、自分の身体が、カラダに良いもの、優しいものを欲するので、自分が食べたい欲望のままにお料理が進むようになっています。

あとは・・・台所をキレイにしておくということを目標に、1日の家事のスケジュールをノートに書くようになりました。

今まではキライなお皿洗いが一番の後回しになっていました。

でも、台所が片付いていれば、不思議とお料理が苦ではないということが分かりました。

ずっと前のききさんのブログの記事にもありましたよね。

 

北海道 yukina さん

毎日のこんだて…。

毎日、夕方4時になると憂鬱でたまりませんでした。
あぁ、今日は買い物に行けなかったけど、冷蔵庫には何もない・・・。
いや、正しくは「ある」んだけど、メニューも浮かばないし、第一、なんだか、もう考えるのも面倒くさい…。
これから作るのなんて、無理ムリ。

先週までの私はこうでした。

ところが、このテキストを月曜日に手に入れてからと言うもの、あっという間の一週間
もうすでに、今晩の献立は決まっています。

明日から実家帰省なのですが、冷蔵庫の中の賞味期限が危ないものは、全部消費して出かけられそうな、なんともデキる奥サマ的な感じラブラブ

そして、テキストに沿ってごはんを作るうち、息子の食欲がみるみる増大していったのです。

これにはビックリ!

 

東京都 Tさん

あれから、しっかり食べられるようになった、息子ですが、それ以上に、変化があったのは、食卓の雰囲気です。

テキストを学ぶ前は、空気が張りつめているか、自分も息子も投げやりか、どちらかでした。

でも、今はだいたい毎日軽い空気が流れていて、あったかい食卓になりました。

すぐに元に戻っちゃうのかなー?と思ったのですが、意外にも、何ヶ月も続いています。

 

愛知県 mino さん

最初のうちは「ご飯だよーー」と呼ぶとヘナヘナして、「ご飯イヤだ~~」って沈んだまま食卓につくかんじでしたが、日がたつにつれて段々とユキがイヤイヤで食卓につくこともなくなりました。

食べる前から「いらーーん、残すーーー」を連発していたけれど、それも段々と改善されてある程度お腹一杯になってから「食べれない」と言うようになりました。

苦痛な食事が楽しい食事に変わりました。

それによって食事以外でもいいことはあります。

キーキーと怒りっぽい性格なのが、楽しく食事が出来るようになったら、あまり怒らなくなりました。

少し性格自体が穏やかになった気がします ^^

 

大阪府 Kさん

その後、ピカピカ大作戦で、長女は食事の時間が楽しくなってきたようです。

最近では、『これ、美味しいからおかわりしようかな』と、言ってくれるほどです。

食べるスピードも、幾分早くなってきました。

多分、今日で無料相談メールが終わりだと思って、ご報告のメールをさせていただきました。

本当にありがとうございました。

 

福岡県 銀次 さん

先生のテキストと出会う前は、全く食べてくれない娘に正直うんざりしてしまっていて、かなりいい加減になっていました。

食卓の雰囲気も、食事の内容も、悪かったと思います。

けれどテキストを読んで、

「このままじゃいけない!娘の食べる意欲を引き出してあげられるのは、母親である私だけなんだ!」

と、まるで目が覚めたような気持ちでした。

また、今までの離乳食の進め方は、娘に寄り添うのではなく、自分の都合ばかりを押し付けていたなと反省しました。

食べる事の主役は娘なんだと気付き、全てを変えました。

お皿や盛り付け、調理方法など、テキストや先生のアドバイスを参考にしながら、自分なりにやってみました。

最初はお皿で遊んでしまったりもしましたが、次第に自分から手でつまんで食べるようになったんです!
とっっっても感動しました。

同じものを食べて、一緒においしいと感じられることが、こんなにも幸せなことだったなんて、知りませんでした。

今では、あんなに頻回だったおっぱいも、ご飯の前後は欲しがらなくなりました。

それどころか、ご飯の用意をしていると、自分からイスに座るようになって、娘もご飯の時間を楽しみにしている様子です。

こんな日が来るなんて、本当に幸せです。
きっと先生のテキストに出会っていなければ、今もまだ「食べてくれない」と悩んでいたことでしょう。

娘のせいではなく、私のやり方に原因があることに気付かずに、笑顔のない食卓になっていたことと思います。

実は今、車の免許を取りに教習所に通っておりまして、車の勉強もしつつ食事の改善なんて出来るのかな…と少し不安でしたが、解りやすいテキストと、こちらのメール相談のおかげで、無理なく改善することが出来ました。

とはいえ、娘の「食」はまだ始まったばかり。
これからも様々な難題に出会うと思いますが、テキストを傍らにおいて、その時々の娘にあう答えを、親子二人三脚で見つけていけたらいいなと思っています。

 

まーこ さん

うちのムスメが小食、そして、私は献立作るのが苦手…ショック!

だから、このテキスト、ずっと気になっていて、追加特典つきってことで、えいやぁっと購入!

冊子版を購入したので、手元にはまだ届いていないのですが、早速、質問メールを送ってみたりしました^^

今朝、返事が届いているのを確認し、びっくり!!
お忙しい中、早いーー!

コンビニに頼っている今の生活が気になってー。
そうしたら、今の状況でも、何とか脱コンビニできそうなアドバイスが書いてありました!

早速実行しようと思いますにひひ

 

兵庫県Iさん

本を購入させていただいて、その日に一気に読ませていただきました。

もう、『あ~私の事が書いてあるf^_^;』と。

息子3歳、離乳食の時はよく食べていたのに、その後は、あまり食べないなあと。

どうしても周りと比較してしまって、そして風邪を引く度に、食べないからやわ。と周りにも言われて自分でも、食べさせるのに必死でした。

ほぼ脅迫(>_<)に近い…

井上ききさんのblogに出会い、そして本に出会えて、す~~ごく!気持ちが楽になりました。

息子も、『ご飯は無理して食べなくていいんだね!』と言ってる言葉を聞いて。

あ~私って自分を満たす為に、子供ではなく自分が満たされる事に頑張って!?いた。なあ。と

その後、息子と一緒にご飯を作ったりして楽しいご飯の時間を過ごしています。

本当にありがとうございましたm(__)m
そして、今後もよろしくお願いします!!

 

神奈川県 Yさん

心温まるメールをいただき、少し気持ちが軽くなりました♪
重ね重ね、ありがとうございます。

なにせ、三人家族中二人が偏食ですから…

料理はそんなに嫌いじゃなかったのですが、さすがに凹むことも度々で…

自分一人で悶々と思い悩んでもなかなかいい方向へはむきにくいので、ここは専門的に知識のある方にお力を借りよう!と思い、いろいろネット検索すると、きき様のブログにたどり着きました。

ホント心強く救われた思いです。感謝♪

もう少し料理も楽しみ、安心楽しい食卓にしていきたいと思います♪

そうすると楽しい食卓が娘にも受け継がれていくことと信じています♪

 
お客様の声