離乳食から本物の調味料を!安心な調味料選び方のテキスト

※※このテキストは、2014年7月25日をもって販売を修了しました。
こんにちは!食育講師の井上ききです。わたしは、毎日のように寄せられる、お母さまからの食事のご相談にお答えしています。
お答えしたご相談は、延べ2000件を超える数になりました。ご相談の多くは、お子さんの好き嫌いや少食、食事マナーや栄養改善が中心です。
とくに、栄養改善においては、いつも声を大にして「和食の粗食」をご提案してきました。
「和食の粗食」は、子どもの食事には基本中の基本です。丈夫な子どもが育ちます。
そのうえ、味覚を正常に育てます。体を冷やしにくい食事ですので、免疫力を高めます。
自信をもって、たくさんのお母さまに、そうお伝えして来ました。しかしながら、ひとつ、わたしの中には、スッキリしないものがありました。「和食の粗食」をご提案するだけだけでは、不十分だと感じていたのです。なぜなら、せっかく体にやさしい、和食の献立を整えても、スーパーで売られている調味料は問題だらけだからです。
調味料が問題だときいて、まず、「顆粒出汁」を思い浮かべたでしょうか?
あるいは、「みりんタイプ」などでしょうか?いえいえ、それだけじゃなく、ありとあらゆる調味料に、問題は潜んでいます

例えば、食塩や砂糖。そして、とくに厄介なのは、油。さらに、お醤油や味噌など・・・。
いかにも、安全な調味料であるかのような顔をして、きっと、みなさんのキッチンにもいるのです。

実際に、お母さまたちから、日々、このようなご相談もお受けしていました。

「マヨネーズは何才からですか?」
「味付けに、めんつゆばかり使っています、大丈夫でしょうか?」
「○○エキスは、安全ですか?」
「いつになったら、大人と同じものを食べられますか?」
「揚げ物は、週に何回くらいまでにしたらいいですか?」

などなど・・・。

正直、答えに窮してしまいます。なぜなら、どのような調味料や油を使っているか?によるのです。

調味料によっては、離乳食や幼児食に使ってほしくないものも、平気で売られているのが、現実で、油にいたっては、スーパーの棚のほとんどが、積極的に摂って欲しくない品質なのです。

もちろん、その都度、おススメの調味料や、その使い方をお伝えしました。
ところが、例えばマヨネーズだけ品質を改善しても、氷山の一角にすぎないと感じていました。
そのうちに、お母さまに、調味料全体を正しく選ぶ力を付けていただきたいと、思うようになってきました。

さらに、大人と同じお料理を、安心してお子さんと一緒に食べていただきたいという願いもあります。そうすれば、調理時間は短縮され、お子さんの相手をする時間が増えるからです。

そう考えて、安全な調味料を選ぶためのノウハウを、このたび、体系化することにしたのです。

『離乳食幼児食レッスン♪後悔しない安心調味料の選び方ガイド』

離乳食幼児食レッスン♪後悔しない安心調味料の選び方ガイド

それぞれの調味料を、「ニセモノの調味料」「要注意の調味料」「本物の調味料」などで分けて、表示。さらに、各品質の商品の裏表示を撮影し、掲載しました。

また、おススメの商品に関しては、購入できるウェブサイトのアドレスと共に、商品画像も掲載。すぐに買って食べてみることができますよ。

テキスト見本今回、くわしく取り上げた調味料は、

・砂糖
・塩
・酢
・醤油
・味噌
・みりん
・酒
・油
・マヨネーズ
・ケチャップ

の10種類です。和食の調味料の定番8種と、子どもたちが大好きなマヨネーズとケチャップについてまとめました。

さらに、調味料を楽しむためのコラムとして、11のコラムを掲載しました。
みなさんが気になっている「遺伝子組み換え食品」との付き合い方や、お酒やみりんを離乳食に使っても大丈夫かどうか?
調味料を買い替えた場合、今まで使っていた調味料はどうすればいいのか?

さらに、中華ダシや洋風スープを作る場合のおススメについても、記事にしました。

テキストのお値段は¥9,800です。

テキストは、全102ページ。
パソコンでPDFファイルをダウンロードしていただくPDF版と、郵送で冊子が届く冊子版(¥1,800の送料がかかります)があります。
冊子版は、パソコンをお持ちでない方、キッチンや通勤中などのパソコンのない場所で読みたい方にお勧めです。

※なお、冊子版に関しましては、一部配送できない地域、またはお届けに時間がかかる地域があります。

 

 

このテキストの対象は、0才~7才のお子さんのいらっしゃる方、保育園や幼稚園の調理を担当されている方、栄養士の方。そして、妊娠中の方ですが、もちろん、大人の方の健康管理にも有効です。

お支払い方法は、クレジットカード(分割、リボ、ボーナス一括払い対応)と、銀行振り込み、ビットキャッシュをお使いいただけます。

クレジットカードの場合、決済完了後、すぐにテキストをダウンロードできます。
クレジットカードをご用意のうえ、下記リンクからお申し込みください。

なお、フリーメール(ヤフーなど)の場合、注文確認メールが迷惑フォルダに入る場合があります。メールがすぐに届かないときは、ご自身で確認してくださいね。

できましたら、フリーメール以外のアドレスが申し込みしやすいです。

 

※冊子版は、白黒の印刷になりますので一部、写真が不鮮明になる箇所がありますが、冊子版ご注文の方はダウンロード版も受け取れますので、大変お得です。
※冊子版ご注文の場合、+¥1,800になります。(ご注文後7日以内にお届け)
※なお、冊子版に関しましては、一部配送できない地域、またはお届けに時間がかかる地域があります。

じつは・・・私自身も、長男の離乳食を始めたころは、なにも知らずに、スーパーの調味料を「無添加」という言葉だけで選んでいました。
「無添加」とさえ書かれていれば、安心だと思っていたんですね。まさに、「無添加」大好きという感じです。
ところが、たくさんの食に関する本を読むうちに、つぎつぎに加工食品の真実がわかってきました。
私は、パッケージに書かれている、さぞ美味しそうな言葉や、安全そうな言葉、新鮮そうな言葉に、すっかりダマされていたのです。

いろいろなことがわかってきて、「子どもに安全なものを食べさせたい」と強く思うようになっていました。

その頃の私は、買い物を通じて、まさに研究の日々でした。わからないことは、つぎつぎ検索し、アマゾンで中古の本を買っては読みました。
198円の特売の醤油と、700円の醤油を並べて、比べてみたり(これは、衝撃的なほど、味が違いました。)、塩を5種類並べて、食べ比べてみたり。

そうこうしているうちに、我が家に、安心で本物と言える調味料が並ぶようになってきました。
そして今年、お母さま向けに、「調味料講座」を開催して欲しいとお声がかかりました。
お母さまたちに、いろいろなメーカーの調味料を実際に触って、選び方を学んでいただきました。

「すぐに、塩と砂糖を変えました!」
「本物の調味料で、魚を炊いたら、驚くほど美味しかったです!」
「こういう話を、もっと早く聴きたかった!」
「大事な我が子のため、これからも、ちゃんと調味料を選んでいきたいです!」

とご好評の声が次々届きました。

今回、教材にして全国のお母さまに届けたいと思ったのは、講座に出席して下さったお母さま達の、たくさんの感謝のお言葉をいただいたからです。
この教材には、決して、難しいことは書いていません。
医学的、化学的に根拠が書かれたものでもありません。
わたしが、ひとりのお母さんとして、我が子に食べさせたい調味料を必死で探してきた結果、まとまったノウハウです。
それらを、出来るだけわかりやすく、表や写真を使ってまとめました。

とくに、「油」については、お伝えしたいことがたくさんになりました。

もちろん、最近よく耳にする、「トランス脂肪酸」についても、どのように付き合って行ったらいいのか?をまとめました。

反対に、積極的に摂っていただきたい油についても、書きましたよ。
ぜひ、知っていただきたいと思います。

 

※このテキストの販売は、7月25日までです。再販はありませんのでご注意ください。

 

対応決済サービス■お支払い方法は、クレジットカード(分割、リボ、ボーナス一括払い対応)と、銀行振り込み、ビットキャッシュをお使いいただけます。■クレジットカードの場合、決済完了後、すぐにテキストをダウンロードできます。クレジットカードをご用意のうえ、下記リンクからお申し込みください。