ホームページ限定コラム

気づいていないだけで、わたしたちにも好き嫌いはある


こんにちは!食育講師の井上ききです。

私たちって、自分は好き嫌いがないと思っているんですが、世界中のどこかを探せば、嫌いで食べられないものが、ひとつくらいはあるはずです。

食べたことが無いし、見た目が受け入れられない・・・。

そんな気持ちは、好き嫌いの子どもたちと、なにも変わらないんじゃないかと思います。

子どもにとっては、初めての食べ物が多いですから。

それに、わたしたちは、絶対にお料理しない食材、あるいは、時々しかお料理しない食材が、あるかもしれません。

同時に、好きで何度もお料理する食材もあったりします。

無意識に、そうなってしまうものです。

いつものパン屋さんで買う、いつものパン。

絶対に買わない、「ありえないパン」。

これを、好き嫌いと呼ぶんですね。

子どもたちは、食卓に上る食材や、上らない食材を選択する権利がないので、結果的に、食事の時間に好き嫌いを、言わざるをえないのです。

もしも、あなたのご主人に、毎日の食事の仕度をお願いしたとします。

ご主人の好みの食材が並びます。

最初のうちは、食べるけど、徐々に食べたくないと感じるものも、あると、予想できませんか?

子どもたちの、気まぐれは、それと同じかもしれません。

お子さんの好き嫌いも、あなたの好き嫌いも、まったくもって、自然なもの。

通常は、好き嫌いがあるものです。

まず、ここが腑に落ちると、好き嫌いのお子さんと楽しく食事ができますよ。

 

 

 

 

 

 

食べないから風邪をひきやすい??


こんにちは、食育講師の井上ききです。

風邪を引いているお子さんも、ママも多いですね。

こんな季節になると、「食べないから、風邪を引きやすいんだわ。」という声を耳にします。

風邪を引く原因を完全に、食べない事と結び付けてしまっているのかな?と気になります。

本当にそうでしょうか?

栄養管理ができている食事をしっかり食べれば、風邪をひかないかと言うと、そうとは限りません。

どんな環境で過ごしているか?とか、睡眠時間など、生活習慣の影響も大きいです。

それらを、完璧に整えることなんて、どうせ、無理ですから、肩の力を抜いて、「風邪をひいたら、ママに任せなさい。」って言ってあげたいですね。

また、そもそも風邪を引くことは、そんなに悪いことではないんです。

子どもは風邪を引きながら、体を強くしています。

いろんなタイプのウイルスに感染しながら、免疫力を強くしているんです。

引きやすい、引きにくいの個人差は、あると思うけど、みんな風邪をひきながら大きくなればいいんですよ。

 

 

 

 

 

わたしが届けて行きたいことは?


こんにちは!食育講師の井上ききです。

はじめて、ホームページに記事を書いています。

ホームページには、ブログよりも、お役立ち記事を書いて行こうと思っていますが、でも、ブログも大事に綴っていきたいし・・・

メルマガも・・・って、つまり、いっぱい書く人に、なってきました。あはは^^。

とにかく、あっちこっちで書きますので、どうぞ、よろしくお願いします。

ホームページ、本当に素敵に作っていただきました。

わたしの想いをしっかり、詰め込んでいただけて、感謝です。

自分のお店を開いたみたいな気持ちになりますね。

さてさて・・・ホームページを作ることで、自分と自分の役割について、改めて考えるきっかけになりました。

わたしは、子育て中のお母様に、何を届けて行きたいんだろう?って。

私ができることは、何?って。

長文になりますが、想いを書いてみようと思います。

私の子どもの頃の話なんですが、一時期、安心感の感じられない環境に身を置いていた時期がありました。

小学生のころです。

子どもにとって、何より大事な「安心」、そして「安全」。

安心や安全を失って感じるのは、「自分は価値のない人間なんだ。」ということでした。

反対に、安心で安全な場所に身を置くことで感じるのは、「自分は、大事な存在なんだ。」ということです。

わたしは、子どもたちの「安心」を守りたいんですね。

そのためには、やはり、お母様が安心していられる環境が必要です。

お母様の安心のために、わたしでは力になれないことも、たくさんあります。

でも、ごはんのことなら、力になれる。

「こうして、このくらいの量を、こんな感じで食べていれば、十分だよ。」

「こんな状況なら、なにも心配しなくても、いいんですよ。」

一日3回やってくる食事の時間を、安心でいっぱいにすること。

これを、わたしの役割とさせてもらえたら、こんなにうれしいことは、ありません。

お母様の「気持ちが楽になりました。」って言葉や、「子どもがいっぱい食べる姿って、本当にうれしいですね。」という言葉は、

わたしの、大きなエネルギーになっています。

だから、お母様の肩の荷を、少し背負わせていただけたらと思います。

コラムテーマ
最近の記事

気づいていないだけで、わたしたちにも好き嫌いはある

食べないから風邪をひきやすい??

わたしが届けて行きたいことは?